家庭でも普通に

赤ちゃんを抱いたお母さん

ここ数年でウォーターサーバーを利用する家庭がとても増えています。多くの業者からウォーターサーバーの販売やレンタルが行われているのを一度は目にした方も多いでしょう。ウォーターサーバーを利用することのメリットは数多くあり、安全なお水がいつでも飲めることは当然ですが、水以外にも熱いお湯がすぐに使える為料理などにも利用しやすいでしょう。 また、最近増えているのが赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバーの導入です。 まだ生まれたての赤ちゃんは、体がとてもデリケートなのでなるべく安全で安心できるお水を与えたいという理由からです。 そして、ミルクを作る場合にわざわざお湯を湧かさなくても、すぐにお湯が使えることはママにとっても大きなメリットです。

赤ちゃんがいる家庭でのウォーターサーバー選びにはいくつかのポイントがあります。 赤ちゃんはまだ抵抗力が弱く内蔵も丈夫でないため、大人よりも雑菌やウイルスに注意する必要があります。 この点については、一度開封したボトルであっても雑菌が繁殖しないような構造になっていて、どの業者もきちんと対策しているので心配要りませんが、不安であれば導入前に業者に確認するとよいでしょう。 次に、気になるのがお水の種類です。通常赤ちゃんに与えるお水は軟水が適していて、軟水か硬水かは含まれているマグネシウムやカルシウムの量で区分されています。 軟水は赤ちゃんの負担になるマグネシウムなどの成分が少ないので、そうしたお水を選択すると良いでしょう。