妥協してはいけない

ベビーカーを押しながらランニングする女性

赤ちゃん用のミルクを作る際に水は欠かすことができません。しかし、ミルクを作るにはできるだけ赤ちゃんに適した水を与えたほうが赤ちゃんの健康に役に立ちます。 従来は水道からの水を煮沸して冷ます場合がほとんどでしたが、それでも病原性原虫が発見されたことなどから今ではあまりそれではミルクを作ってはいない傾向があります。また、最近では福島原発の放射能漏れによる不安感も敬遠される傾向があります。 赤ちゃんに適した水を考えてミルクを作る場合、現在はウォーターサーバーを使って作る方法が適しているとされています。理由は、ミネラルを含んだ水はあまり赤ちゃんにとって好まれないことがあります。大人と違いごく小さいうちは消化器に負担を与えてしまうことがあるためです。

また、粉ミルクには赤ちゃんの栄養を考えて粉ミルクが配合されている場合がほとんどです。ですので、知らずに過剰に与えてしまう場合もあり決して望まれない状況になってしまうこともあります。ですので、軟水またはピュアウォーターを使用したウォーターサーバーを使って作る方法が人気を呼んでいるわけです。 こうしたウォーターサーバーはレンタルで借りるのが相場となります。月々1,000円から2,000円くらいまでが目安となっています。実際には電気代も月1,000円ほどかかるため、値段はそこそこかかります。また、メンテナンス費用も5,000円くらい1回かかることになります。ただし最近は電気代を抑えたウォーターサーバーも発売されていますので今後もう少し価格は抑えられることが予測できます。